岩盤浴でかく汗と普通の汗の違いとは? 岩盤浴で健康になろう


ダイエット食品ナビ

岩盤浴でかく汗と普通の汗の違いとは?

岩盤浴をすると発汗作用によって、全身から汗をかきます。
岩盤浴でかいた汗はサラサラしています。
夏の暑い時期などにかく汗やスポーツなどの運動をしてかく汗はかくと体がベタベタしませんか?

岩盤浴でかく汗と暑くてかく汗や体を動かしたりしてかく汗は同じ汗でも出所が違います。

夏や運動してかく汗は、原則的に体の体温を調整するために、皮膚が感知して出す汗で、特徴は一気にあふれ出てきます。この汗は皆さん経験したことがあると思いますが、べたべたして、気持ち悪い感じがして汗臭くなる汗です。この汗には、体内のミネラル分が多く含まれているため、ベタベタしているのです。

一方、岩盤浴は通常のサウナなどと違い、岩盤の温度も、岩盤浴施設内の温度もそれほど高くありません。

そして、先に触れた岩盤浴の持つ「遠赤外線」効果により、カラダの芯から温めてくれるため、岩盤浴によって汗を出すということは人間の脳からの指令になります。
岩盤浴をすることによって脳からの指令で出た汗の特長は、ゆっくり、じっくり出てくるということ。
また、岩盤浴での脳の指令で出す汗は体内のミネラル分が少ないため、臭くなくサラサラとしています。

また、岩盤浴でかく汗はしょっぱい汗でないため、目に入ってもいたくないというのが特徴です。
このため、汗をかいたあとの不快感があまりありません。
また岩盤浴でかく汗には、カラダを保護する天然の保湿成分が入っているため、岩盤浴後のお肌がすべすべになります。
岩盤浴の後に一般的に「シャワーをあびない方がいい」といわれるのは、この岩盤浴でかく汗での保湿が言われているもととなっています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5292452
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック